クリニックの必須事項

クリニックでの保険証提示

クリニックでの保険適用について

通常、病院やクリニックで診療を受けるときは保険が適用されます。保険が適用されると、かかった費用の全額ではなく、一定の割合だけ負担すればよいのです。ほとんどの方が3割だけ自分で負担していると思います。ただし、この適用を受けるためには、クリニックの受付で保険証を提示しなければなりません。診療費の差額分は国民健康保険や健康保険組合が拠出しているため、保険制度に加入していない人は当然全額を負担することになります。また、病気の治療が目的ではない美容整形や、脱毛治療なども自由診療とみなされ、全額自己負担となります。

受付では保険証の提示は必須

クリニックにかかると受付で「保険証はお持ちですか?」と必ず聞かれます。また、「お持ちでない場合は、本日の診療費は自費になります。」といわれることもあるでしょう。これはどうしてかというと、保険診療ではとても重要な書類だからです。保険診療では、患者は窓口で診療費の一部負担金を支払い、残りはクリニックの方が患者が加入している保険者に対しレセプトと呼ばれる請求書を用いて請求しています。保険証の提示がないと、医療機関側ではどこに医療費を請求したらいいかがわかりません。だから、提示のない場合は自費になってしまうのです。

保険証の取り扱いの情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © クリニックでの保険証提示 All rights reserved